月別: 2015年4月

27 4月

任意整理のメリット・デメリット

多重債務者の数は全国でも20万人を超えるというデータがあります。こうした債務者を法的に救済する方法として債務整理がありますが、債務者の借金の内容や生活状況などを考慮し、最適な方法を選ぶ必要があります。中でも任意整理は非常に多くの債務者が利用している方法であり、過払い金の請求が同時に行える方法として知られています。

この方法は従来の債務整理とは違い、裁判所を利用しません。弁護士や司法書士などの専門家が、債務者に変わって債権者と直接交渉を行う形式を取っており、時間的に裁判所に出向く時間が取れない人などには利用しやすいと言えます。また自己破産や個人再生などとは違い、官報に記載される事がありませんので、プライバシーの面でも第三者に知られる心配がほぼないというのがメリットではないでしょうか。

しかし、いわゆるブラックリストと呼ばれる信用機関への事故情報には登録される事になります。これはデメリットであると言えますが、どのような債務整理を行っても同様に登録されますので、任意整理に限った事ではありません。通常5年から長くても10年ほどの期間のみの登録ですので、生活の再建を計る期間であると考えればデメリットであるとも言いきれないのではないでしょうか。

教育ローンというのは子供が生まれたときからため始めたほうがいいといわれています。
子供が生まれてすぐに子供の就学資金について考えられないというのならばせめて小学校に入学してからの6年間で中学、高校、大学にいくための資金をため始めるべきです。
全て中学、高校を公立高校、大学を国立大学にいくことが出来るのならば心配ありませんが、こちらの全てを私立で行くとしたら年間の授業料が100万円とかいるようになります。

【引用元】http://www.daccord.biz/

27 4月

任意整理のメリット・デメリット

多重債務者の数は全国でも20万人を超えるというデータがあります。こうした債務者を法的に救済する方法として債務整理がありますが、債務者の借金の内容や生活状況などを考慮し、最適な方法を選ぶ必要があります。中でも任意整理は非常に多くの債務者が利用している方法であり、過払い金の請求が同時に行える方法として知られています。

この方法は従来の債務整理とは違い、裁判所を利用しません。弁護士や司法書士などの専門家が、債務者に変わって債権者と直接交渉を行う形式を取っており、時間的に裁判所に出向く時間が取れない人などには利用しやすいと言えます。また自己破産や個人再生などとは違い、官報に記載される事がありませんので、プライバシーの面でも第三者に知られる心配がほぼないというのがメリットではないでしょうか。

しかし、いわゆるブラックリストと呼ばれる信用機関への事故情報には登録される事になります。これはデメリットであると言えますが、どのような債務整理を行っても同様に登録されますので、任意整理に限った事ではありません。通常5年から長くても10年ほどの期間のみの登録ですので、生活の再建を計る期間であると考えればデメリットであるとも言いきれないのではないでしょうか。

教育ローンというのは子供が生まれたときからため始めたほうがいいといわれています。
子供が生まれてすぐに子供の就学資金について考えられないというのならばせめて小学校に入学してからの6年間で中学、高校、大学にいくための資金をため始めるべきです。
全て中学、高校を公立高校、大学を国立大学にいくことが出来るのならば心配ありませんが、こちらの全てを私立で行くとしたら年間の授業料が100万円とかいるようになります。

【引用元】http://www.daccord.biz/